佐保会東京支部は2021年に百周年を迎えます
佐保会東京支部
佐保会東京支部の役割、運営についてのご紹介です。

奈良女子大学同窓会佐保会東京支部について

奈良女子大学同窓会佐保会の東京支部です。会員は、東京都と近県在住の奈良女子高等師範学校および奈良女子大学の卒業生です。

佐保会本部と連絡を取りながら、会員が相互に親睦を深め向上を図り、あわせて地域社会の文化発展に寄与することを目的として活動しています。創設は1921年(大正10年)11月で、現在の会員数は1000余名です。

◇東京支部の活動を簡単にご紹介します。

  • 職業、年齢を越えた会員の身近な交流と情報交換
  • 講座、同好会、公開講演会、見学会
  • 母校学生対象の「就職懇談会」
  • 新卒およびそれに近い東京支部会員のための「わかくさ交流会」
  • 年2回、東京佐保会報の発行と送付
  • 会員の名簿整理、佐保会本部会費と支部会費の集金

などの活動を行っています。

毎年5月の定期総会で、これらの活動や決算の報告と承認、活動計画や予算の決定をします。

◇東京支部の活動を円滑に実施・運営するために、会員の各期・回から選出された会員で構成する次の会を設けています。

期・回代表者会
(年2回)
支部の活動報告等を受けて、期・回代表者として意見や要望を出し、全体で意見交換をします。
期は、奈良女子高等師範学校卒業生の、回は、奈良女子大学卒業生の卒業順を示しています。
支部役員会
(年8回)
10年毎、各回に支部役員の番が回ってきます。役員は当番回の会員の中から、推薦あるいは互選により選出します。支部の事業を計画・実行し、運営します。
総会実行委員会
(年6回)
10年毎、各回に総会実行委員の番が回ってきます。当番回の会員は委員として総会の企画・準備・運営をします。同じ卒業回の交流の輪が広がるチャンスとなります。

◇他に、厚生文化委員会、会館委員会、ホームページ委員会を置いています。

厚生文化委員会 会員の教養を高め会員相互の親睦を深めるために、「講座・同好会」の活動、「公開講演会」「見学会」「歩こう会」の企画・実施、「ネットワーク・さほ」「ネットワークさほ・シニア八重の会」の運営などを担当します。
会館委員会 佐保会東京会館の備品を管理しスムーズな会館利用について検討します。
ホームページ委員会 ホームページの充実を図り、支部活動の活性化を目指します。

奈良女子大学同窓会佐保会東京支部 連絡先

連絡先の変更、お問い合わせは下記までお願いします。
開館日:火、木、金、土、の10:15~12:30 13:15~16:00
  • 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-8-3
  • TEL (03)3311-7771
  • FAX (03)3311-8210
  • E-mail sahokai.tokyo@nifty.ne.jp
  • URL http://sahokai.tokyo/

佐保会東京会館地図

印刷