佐保会東京支部は2021年に百周年を迎えます

読書会『出雲と大和』

高校日本史Bを読みながら、現地を訪ね資料、写真を使い報告するなど、自主的な日本の歴史理解に努めています。平安時代に入り、桓武・嵯峨天皇がおわったところです。歴史に興味のある方は東京支部までご連絡ください。

2013年9月、岩波新書「出雲と大和」を読むから始まり、「魏志倭人伝」、日本書紀「神功皇后」を読み、2015年12月から高校日本史Bに沿って縄文・弥生、古墳、飛鳥・奈良と読み進んで平安時代にはいりました。

課外活動で博物館にも行きます。今年3月千葉佐倉の国立歴史博物館に行き北九州の装飾古墳の展示を見ました。

日時
第1、第3 木曜日 1:30~3:30
参加費
1,000円/月