行事
佐保会東京支部で開催する行事のご案内とご報告です。
2017/03/23(木) 00:05

2017年度 見学会

日時:
2017年06月03日(土) 10:00 - 14:00
参加人数:
16名
主な見どころ:

江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園

6月3日(土)、好天に恵まれて江戸東京たてもの園を見学しました。

参加者は11名(会員外1名を含む)。午前10時に集合場所の武蔵小金井駅を出発し、徒歩で小金井公園内の江戸東京たてもの園に行きました。園内の案内をしてくれたボランティアガイドの方は奈良女子大の住居学科の同窓生でした。

敷地も広く、半日かけて江戸時代から昭和初期までの数々の東京の建造物をタイムスリップ気分で楽しみました。

カテゴリ: 見学会
日時:
2017年03月04日(土) 10:00 - 13:00
場所:
都営地下鉄新宿線「東大島駅」
参加人数:

8名

「東京の水辺を楽しむ」

曇りがちながら風が無く気持ちよく散策することができました。

遺跡のような旧小松川閘門跡、荒川と旧中川を結ぶ荒川ロックゲート、そして江戸の舟運の歴史を知ることができる中川船番所資料館を見学。

その後、小名木川沿いの遊歩道をクローバー橋まで歩き、スカイツリーをバックに記念写真を撮って終了しました。

カテゴリ: 歩こう会
2017/02/06(月) 06:19

2016年度 就職懇談会

日時:
2016年12月10日(土) 13:00 - 16:00
場所:
佐保会東京会館
出席者:

奈良女子大学

副学長、学生生活課長
東京で就職を希望する在学生 11名(M1 2名、3回生8名、2回生1名)

東京支部

OG助言者 6名(大31、大59、大61、大64)、役員・委員5名

計 26名

第23回就職懇談会には東京での就職を希望する学生・院生11名が参加してくれました。大学からは3名、支部からは助言者として先輩6名、支部役員とネットワーク・さほ運営委員6名が出席しました。

「先輩方のお陰で建った東京会館を拠点にして東京支部は活動している」「私たちにできうる限りのお手伝いをしたい」という支部側の挨拶があり、大学側からは「進みたい業種の話だけでなくいろいろな業界の話も聞いてほしい」「いろいろな先輩の話を生き方の一つとして聞くとより厚みのある就活になるだろう」との挨拶がありました。今年はさらに「東京での就職がかなった場合にはぜひ支部に入りこの繋がりを引き継いでほしい」との言葉も添えられました。

少し緊張した面持ちの学生たちは質問を含めて自己紹介をした後、先輩たちからは自身の就活や採用側の視点など それぞれの立場からの経験談を聞きました。その後は個別に懇談しました。各先輩のところを時間を決めてまわるのですが、より本音の話し合いがあり熱心にメモを取る様子に是非とも良い結果が得られますようにと願わずにはいられませんでした。女性同士の同窓ということもあるのでしょう、何度も楽しそうな笑い声がこぼれ大変和やかな懇談会となりました。

例年2月開催ですが今年は12月開催になり、就活の時間に余裕が有る為でしょうか、夕方からある女子会への参加者は多かったようです。

カテゴリ: 就職懇談会
日時:
2017年02月19日(日) 13:30 - 16:00
場所:
佐保会東京会館
テーマ:
女性脳の活かし方 〜実践編〜
講 師:
黒川伊保子(大学31回 理学部物理学科)

◇講師紹介◇

「市場の気分」を読み解く感性マーケティングの実践者であり、「男女脳の気分」を読み解く男女脳論の専門家。人工知能エンジニアを経て、独自の感性分析が注目を浴び、感性研究の第一人者となる。

  • 人工知能時代の幕明け
    去年3月世界最強といわれた韓国の囲碁棋士に人工知能が勝ったおかげで世界中で人工知能ブームが勃発しました。私に言わせるとこれはブームではなく、とうとう人工知能時代が始まったのです。 私たちはもう人工知能抜きでは生きていかないと思います。ここから先は人工知能が私達のパートナーになって様々なことに手を差し伸べる時代に入ったのです。
  • 人間と人工知能
    人工知能の世紀になったら、本来28歳の若者のやっている膨大なデータを取り集めて整理する「脳の力仕事」を人工知能が替わってくれるので、経験値の高い60代から70代が価値を生む時代に変わっていくと思います。ただ、経営者達が人工知能を導入すると、若者の学習機会を奪うことになります。人工知能が便利だということと人間を育てることは相反するので、どこまで人間が知性で踏みとどまれるかという警告を私は社会に発信しています。
  • 男性脳と女性脳
     女性脳の会話はプロセス指向共感型といいます。つまり事の発端から事の経緯、プロセスを時系列をなぞってしゃべりたいんです。 一方、男性はゴール指向問題解決型です。対話のために使う電子信号が女性よりすごく少ないんです。省エネ型で対応しています。後ろから前倒し、まずゴールが知りたいんです。このためにロボットを作るときには両方作ります。プロセス指向共感型エンジン、ゴール指向問題解決型エンジンの二つのエンジンを作りまして一つの処理系にハイブリッドで載せます。ハイブリッドで載せて推論しながら対話をします。
  • 脳の進化
     ヒトの脳は28年ごとに装置としての様式を変えるんです。最初の28年は著しい入力装置。次の28年間で私たちの脳は個性を作っていくんです。56歳から84歳までは本質をすばやく見極めて、様々なことの判断ができる出力性能最大期。つまり、人生で一番頭がいいときです。そして人間の脳は112歳まで進化することが分かっています。

日時:
2017年03月11日(土) 13:00 - 15:00
場所:
佐保会東京会館
テーマ:
ヘルマンハープを日本で育てて
講 師:
梶原千沙都様(昭和58年 家政学部住居学科卒業)
参加人数:

28名(会員外の方も含めて)

ほとんどの方にとって初めて目にする、そして音色を初めて聴くヘルマンハープという楽器について、映像と、美しく優しい弾き語りをはさみながらお話していただきました。

ドイツのヘルマン・フェー氏が自閉症の息子に演奏を楽しむことができる楽器を与えたいと開発された歴史、梶原さんが何故、ヘルマンハープを日本に広めることになり、それが生まれたドイツの人ではなく、日本人の梶原さんがその奏法を開発するに至ったか、障がい者、健常者、高齢者、若者などの区別なく演奏できるバリアフリー性と芸術性のバランスがとても大切で、それをうまく育てていきたい、とお話いただきました。

最後にヘルマンハープの演奏に合わせて、梶原さんの日本語詩による「会えるそのときまで」という曲を全員で合唱し終了しました。

質疑応答の後、実際ヘルマンハープに触れる時間をとっていただき、すぐに演奏をできる方もいらっしゃって、楽しく有意義な講演会となりました。

カテゴリ: 公開講演会
日時:
2016年09月27日(火) 13:30 - 16:00
場所:
佐保会東京会館
テーマ:

「最近読んだ本、お勧めの本、愛読書」

第4回「八重の会」を9月27日に開きました。

テーマは「最近読んだ本、お勧めの本、愛読書」でした。

17名の出席があり、それぞれが本を紹介しました。あげられた本をジャンル別に一応分けますと、歴史では「日本会議の正体」「それでも、日本人は戦争を選んだ」「古事記」等、文学では「万葉秀歌」「深読みシェイクスピア」「村上海賊の娘」「虹の翼」「少年キム」「猫も杓子も」「老いてこそ上機嫌」等です。その他、哲学や美学も上がりました。

詳しくは、2月に支部会報(81号)と一緒にお届けする「ネットワークさほ・シニア 八重の会会報」を読んで頂けると幸いです。

日時:
2016年10月03日(月) 10:00 - 14:00
場所:
高尾山
参加人数:

6名

「東京の山を楽しむ」

あいにくお天気には恵まれず、少人数で霧の中の散策となりました。

頂上でのお弁当が終わる頃から雨が降り出しましたが、晴れた日には経験できない幽玄の世界を楽しむことができました。

カテゴリ: 歩こう会
2016/10/16(日) 13:43

平成27年度 見学会

日時:
2015年05月28日(木) 10:00 - 14:00
参加人数:

16名

主な見どころ:

世田谷神社、豪徳寺、松陰神社、世田谷郷土資料館と代官屋敷

世田谷線に乗って井伊直弼の墓がある豪徳寺、
松陰神社など歴史を体験する旅

世田谷線に乗って世田谷神社へ。宮司さんから説明を受ける。次に井伊家ゆかりの豪徳寺へ。ここではボランティアガイドさんの案内で順序よくツアー。ランチは佐保会見学会メンバーで貸切となるこじんまりとおしゃれなお店「ほんわか」で、「ほんわか御膳」に舌鼓。

午後は松陰神社へ。神官さんから説明を受ける。最後は世田谷郷土資料館と代官屋敷へ。館長さんが詳しく説明してくださり世田谷の歴史を知る。世田谷線散策切符を使ってローカル線のようなのどかな列車に乗ったり降りたり楽しい一日となりました。

カテゴリ: 見学会
日時:
2015年11月14日(土) 13:30 - 15:30
場所:
佐保会東京会館
出席者:
期・回代表者、厚生文化委員長、会館委員長、支部役員、相談役
計54人
議題:
  1. 支部活動報告
  2. 各委員会および東佐会より報告
  3. (一社)佐保会総会報告
  4. ご意見、ご要望
  5. グループに分かれての歓談

◇ ご 報 告 ◇

  • 佐保会東京支部活動報告

    冷たい雨の降るあいにくのお天気でしたが、33名の期・回代表者にお集まりいただき、平成27年度第2回期・回代表者会は、以下のような内容で速やかに進行いたしました。

    • 支部長より

      支部長より、前回(7月開催)の期・回代表者会以降の支部の活動の様子が報告されました。また、郵便物の発送金額が変更になることに伴い郵送経費のアップが見込まれることと、会費納入について改めて協力のお願い、来年度期・回代表者選出の協力のお願いがありました。

      また、前回の代表者会で「支部で保有している校歌の音源はキーが高く、会員にとって歌いにくい。歌いやすい音源を持つことはできないか」という問題提議があり、会員のお嬢様(音楽の専門家)に音源作成をお願いしていましたが、この度素晴らしい音源が完成したという報告がありました。本日、会の最後にお披露目されることになりました。

    • 厚生文化委員会より

      委員長より、7月以降の厚生文化委員会の活動報告と今後の活動予定案内がありました。

      2016年3月12日(土) 開催予定の公開講演会は、お住まいが兵庫県であるにもかかわらず「東京支部の方たちとお会いできるのであれば」と上京を快諾してくださった同窓の長田久美子氏が演者ですので、皆様是非ご参加くださいとのご案内もありました。

      講座同好会については、それぞれの活動について、関係者から詳しい説明がありました。興味を持たれた方からの質問に対しては、それぞれ丁寧に説明されていました。

      今後新しい講座や同好会の立ち上げも積極的に検討してくださいとのお話でした。

    • HP委員会より

      支部活動の予定と報告の速やかなアップを目指しているとの報告がありました。

    • 会館委員会より

      委員長より、今年度より会館管理について新体制になり、その後の状況についての報告、会館委員会の仕事の説明と、引き続き会館を維持していくために活動をする旨の報告がありました。

    • 東佐会について

      会長より、東佐会の仕事の説明と、活動についての報告がありました。

    • 一社理事会について

      理事より理事会報告があり、他支部活動についてはホームページ等で知ることができるとの案内がありました。

  • グループ歓談

    学年の近い代表者同士がいくつかのグループに分かれて歓談し、それぞれのグループで話し合われたことを発表しました。

  • 校歌斉唱

    新しい音源を流しての全員での校歌斉唱。素晴らしい音源で、また、歌いやすくアレンジしていただいており、作成してくださった方への感謝の気持ちを込めて歌い、散会いたしました。

カテゴリ: 期・回代表者会
日時:
2015年07月11日(土) 13:30 - 15:30
場所:
佐保会東京会館
出席者:
期・回代表者、厚生文化委員長、会館委員長、支部役員、相談役
計54人
議題:
  1. 支部活動報告
  2. 各委員会および東佐会より報告
  3. ご意見、ご要望
  4. グループに分かれての歓談

◇ ご 報 告 ◇

  • 佐保会東京支部活動報告

    52名という多くの代表者の集った平成27年度第1回期・回代表者会は、以下のような内容で速やかに進行いたしました。

    • 支部長より

      今年度大きく変わったこととして、会館の管理体制が新しくなったこととそれに伴う利用方法の変更についての説明、今後とも会員や関係者が気持ちよく会館を利用できるようにしていきたいとの報告がありました。

       

      また、代議員の交代についての説明と報告があり、交代について今会議で承認されました。

    • 厚生文化委員会より

      委員長より、総会に合わせて開催したバザーへの協力に対する感謝と収益の報告がありました。

      続いて、厚生文化委員会主催の講座、公開講演会、歩こう会、講座同好会等の活動報告と募集がありました。  特に、「ネットワーク・さほ」、「ネットワークさほ・シニア 八重の会」、「和装に親しむ会」、「談話室」、「書道」については、それぞれの活動について関係者から詳しい説明がありました。

    • HP委員会より

      支部活動の予定と報告の速やかなアップを目指しているとの報告がありました。

    • 会館委員会より

      委員長より、会館委員会の仕事の説明と、今年度より会館管理について新体制になったこと、引き続き会館を維持していくために活動をする旨の報告がありました。

    • 東佐会について

      東佐会の活動について説明報告がありました。

    • 一社理事会について

      一般社団法人佐保会設立の経緯と佐保会東京支部との関係等についての説明と、活動報告がありました。

  • グループ歓談

    学年の近い代表者同士がいくつかのグループに分かれ、テーマを決めずに歓談し、それぞれのグループで話し合われたことを発表しました。同窓生ということで、初めて会った代表者同士もすぐに打ち解け、楽しい時間となりました。

  • 校歌斉唱

    最後に昨年度から導入された鮮明なCD音源からの校歌に耳を傾けながら、皆さまで校歌斉唱をして、散会いたしました。

カテゴリ: 期・回代表者会
1 / 2

奈良女子大学同窓会佐保会東京支部 連絡先

連絡先の変更、お問い合わせは下記までお願いします。
開館日:火、木、金、土、の10:15~12:30 13:15~16:00
  • 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-8-3
  • TEL (03)3311-7771
  • FAX (03)3311-8210
  • E-mail sahokai.tokyo@nifty.ne.jp
  • URL http://sahokai.tokyo/

佐保会東京会館地図

印刷